逆の発想では3Kは悪い印象を受けない

3Kとは、きつい、危険、汚い仕事を現す言葉ですが、発想を変える事によってメリットのある仕事が可能になります。きつい仕事の多くは肉体的にきつい内容がほとんどです。体に筋肉を付ける事が可能であり、基礎代謝を上げる事によってダイエットとしての効果を期待する事も可能になります。
危険な仕事と言うのは主に生命に対する危険であり、人は危険な状態に置かれると神経を過敏に尖らせ、意識を集中させる生理反応を引き起こします。集中力を養う事が可能になり、人としての成長の糧とする事も可能になります。神経が過敏に働く生理反応は目に見える物を新鮮な物とし、食べる味もより強まり美味しく感じる事も可能になります。汚い内容と言うのは、美に対して意識が高まる物であり、普段の生活に対してより美しい姿で振る舞う事も可能になります。
少子高齢化の影響もあり、仕事を選び易い若者が3Kの仕事を避ける傾向にあります。人を集めるには高い給料を支払わなければ集まらない事も起きてきます。つまり、3Kの仕事は給料が高くなる可能性が高くなります。人の中には社会的な価値観が自分自身と同じ価値観であると錯覚を起こしてしまう方がいますが、各々の生活環境が違う以上、同じ内容でも価値観とはまったく違ってくるものです。社会の一般論にとらわれず、自分自身で考え価値を見出していく事が大切になります。仕事に対して誇りを持つ事が重要であり、その誇りが高い価値を作り出して行く事も可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です