女性の仕事にもある3Kと個人の感性の影響

女性が活躍する職種の中にも3Kに分類されるような仕事はいくつもあります。きつい、汚い、危険というと男性がやるべき仕事であると非難されることもあり、確かに多くの仕事は男性が中心になって担ってきているのも事実です。しかし、そういった条件が揃ってしまっている仕事であっても、女性であることが必要とされるような職種もあります。
代表的なものが介護であり、それゆえに人材不足が解消されてこないという面があるのは否めません。介護の仕事として典型的なのは要介護とされた高齢者の身辺の世話をするということであり、お風呂に入れたり、トイレを手伝ったり、掃除や洗濯も担ったりします。高齢者を抱え上げるという力仕事も必要とされ、お風呂やトイレを手伝うという面があるのが事実であり、多くの人はこれをきつい、汚いと感じてしまうでしょう。大きな力仕事は身体を痛める心配があることに加え、病気にかかりやすくなっている高齢者も多いことから病気を移されてしまうリスクもあるという点で、危険ということも該当するのです。しかし、こういった状況を3Kと感じるかどうかはその人の感性による部分もあります。力のある人なら体力仕事もそれほど負担に感じないでしょうし、普段から自分の親や子供のお風呂やトイレを手伝っていれば汚いとも感じないはずです。そういった個人の感性が影響するということは、3Kに分類される職種を見る上で注意しておくべき内容でしょう。

関連サイト:3Kという職場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です